Flower of Wedding Party

結婚披露宴に呼ばれた時のお祝い金について書きます。

結婚披露宴に呼ばれた時のお祝い金について書きます。

結婚披露宴のお祝い金については自分の年齢や相手との関係によって変わるそうです。
会社の部下、友人であれば、二万から三万が一般的なようです。
四と九は避ける数字ですが、三万包んで、一万をギフトとして贈ることも多いそうです。
二万は割れる数字として避けるべき、と言われていましたが、今はペアという意味で二万包んでくる人も多いそうです。
八万も末広がりという意味で大丈夫だそうです。
夫婦で呼ばれた場合、友人であれば五万だそうです。
親戚、兄弟姉妹は十万だそうです。
これは一般的な金額で結婚披露宴のスタイルによっても変わってくるのではないかと思います。
お祝い金はあくまでも気持ちの問題でこの金額でなくてはいけない、というものはないので、一つの目安として、きめたいものです。
昔からお祝い事にはケチってはいけない、と言われています。
結婚披露宴に呼ばれた時は、心からお祝いすると共にお祝い金を自分の包める範囲で気持ちよく渡してあげたいものです。
私が披露宴をしたときの事ですが、親戚夫婦で三万だった人がいました。
きっと精一杯の金額で包んでくれたのだと思いますが、見る人からすると常識のない夫婦と思われてしまいます。
後ろ指を指されないように、恥ずかしい思いをしないようにしたいものです。


ここ近年は結婚披露宴という大々的な結婚式ではなくて、パーティーみたいな形式のものや、会費制のものもあります。
包む金額には毎度頭を悩ませてしまいますが、恥をかかないように、よくマナーを叩き込んでおきたいと思います。
何年か前ですが、結婚式に呼んでない会社の後輩が結婚式をする事になり、新郎のほうから、自分たちは包んでないので来てくれるだけで手ぶらでいいです、と言われたことがありました。
もちろんそんなわけにいかないので、みんなで話し合った結果、一万円を包んだ、なんてこともありました。
呼んだ、呼んでないの関係でもお祝いのしかたが変わってくるので、そこは臨機応変に対応しなければならないな、と思いました。
お祝い金だけではなく、プラスで商品券や何か記念になる贈り物をするのもいいかと思います。
会社関係であれば電化製品をみんなで出し合って買ってあげる、など喜ばれると思います。
その人を祝ってあげたい気持ちが大切なので、どんなものでもいいのではないか、と思います。
私が貰って嬉しかったものは、ご祝儀の他に、来客用の座布団セットでした。
これから家庭を持つ上で、揃えておきたいものだったからです。
あとは、食器類など頂きました。
選んでくれたという気持ちが嬉しかったです。
こちらのサイトには人気の結婚披露宴会場についての面白い解説が盛りだくさんでした。
会場がまだ決まらない方、必見のサイトです!

また、こちらには恋愛運や健康運、金運などの効果があるパワーストーンが紹介されています。
パワーストーンは結婚指輪にできるそうなので真実の愛という意味のある石などを指輪に入れてみてはいかがですか?