Flower of Wedding Party

結婚披露宴でのお色直しを見直そう

結婚披露宴でのお色直しを見直そう

結婚披露宴と言えば、昨今は披露宴もシンプル化の傾向で、衣装に掛ける予算を他のことに回したかったり、一日を気に入ったドレスで過ごしたいとか、そのためには長い時間中座しないといけないので、ゲストとできるだけ長い時間を共有したいという動機から、お色直しを行わないカップルも増えて来ました。
一昔前は、白無垢で神前式、披露宴の時に色打掛けに掛け替えて、さらにその後白ドレス、カラードレスと何着もお色直しするのが主流でしたが、最近は白ドレスからカラードレスや、着物からドレスなど、1回だけというのが多くなっています。
ではお色直しが全く無駄かといえば決してそうではありません。
確かに着る衣装の分だけ費用も掛かり、時間も掛かります。
しかし、婚礼衣装は総じて身体を普段よりもかなり締め付けますし、想像以上に緊張する新郎新婦にとっては、中座はインターバルの意味もあるのです。
少しの間休憩して、後半に備えます。
またゲストにとっても、ゆっくりとした歓談や食事の時間が取れることになります。
結婚披露宴の進行的にも、自然に二部構成になるので中だるみを防ぎ、またどんな衣装で出てくるかを話題にゲストの中で会話が弾むという利点があります。


では、中座をしてインターバルを入れたいけれど、どうしてもこのドレスしか着たくないし、もう1着となると予算的に厳しいという場合にはどうすればいいでしょうか。
新婦の友人である若い女性の多くは実によくドレスを見ていて、どんなものを着てくるのかを楽しみにしている人も多いのです。
演出の一つとして、次のドレスの色当てクイズも行われているほどです。
気に入った衣装をやめて、安いものを数着、という解決方法もありますが、こだわりのある人にとっては、それでは本人の満足度も低いでしょう。
その場合に是非おすすめしたいのがヘアアレンジや小物のアレンジです。
髪型を変えたり、ブーケを持ち替えたり、ボレロを羽織ったり、アクセサリーを替えるだけでかなり印象が変わります。
また、近頃は2WAYや3WAYなどといって、一着のドレスを何通りにもアレンジできるものが出回っています。
こういったものを上手く取り入れれば、予算や、お気に入りのドレスを着続けたいだとか中座時間の長さなどの問題はクリア出来ますし、様々な着こなしも楽しむことができます。
ゲストも目先が変わって新鮮な驚きを持てますし、それがおもてなしの一つにもなります。
特にお色直しを考えていない人もチャレンジしてみてはどうでしょうか。
こちらのサイトの結婚披露宴のドレス準備に関する解説ページも大変参考になります。是非ご覧ください。