Flower of Wedding Party

結婚披露宴のお礼に選ぶとよいものとは

結婚披露宴のお礼に選ぶとよいものとは

結婚披露宴はご祝儀や参加費などを集めて、思いのほか多くのお金を扱うことになります。
実際に掛かる費用やお祝いの意味も当然ありますが、来てくれた人の時間と手間、そして共に祝ってくれる気持ちに感謝するためにお礼をきちんとすることでよい報告や挨拶をすることが出来ますし、きちんとした礼儀を通すことが出来ます。
私も結婚披露宴などは参加をすることがありますが、お礼の品としていただくものは千差万別です。
新郎新婦のセンスや好みが試されている場であるといっても良いです。
どのような気の利いた品物を選べるかという場でもあるのです。
何組も共通の友人などで結婚披露宴が続くようなタイミングだとちょっとした勝負のような雰囲気にもなります。
また、驚きも大切ですがきちんと気持ちがこもっていて長く使えるものだと喜ばれるものです。
あらかじめよく下見や準備、試作などをして来客に気持ちよく贈れるお礼を吟味するべきです。
素敵な印象深いものを贈られるとそれだけでも印象深いイベントになりますし、またきちんと使えるものだとそれを使う折など何かにつけて思い出すきっかけになります。
忙しくて連絡が取れないときでも思い出してもらえるきっかけになる意味もあります。


実際に選んでいく場合にはアプローチとしていくつかあります。
おいしいお菓子などいわゆる消えものにするのも重い意味合いを含ませるような感じにならないのでもらった側が扱いやすいです。
パッケージなどに新郎新婦などの写真を印刷してもらえるサービスを使えば、親しみのあるお菓子がお礼に使える特別なパッケージになります。
全体の招待客の都合や状況などをよく考えるのも大事です。
生ものなどは遠くから来る方の場合には手に余ることになりますし、冷蔵や冷凍、また後日発送するといった保険をきちんと掛けておくことなどが必要になります。
大人数のものを発注することになりますから、普段だとなかなか小ロットで作ってもらえないグッズなどを用意することも出来るのはなかなか面白いことです。
名前入りや特別仕様などの食器や調理器具など日常使えるものも好評です。
最近見かけるものではカタログ式のお返しもあります。
あらかじめ予算をかけておき、新郎新婦側で前払いする形でカタログ内から好きなものを選んでもらうというものです。
これならば必要だったりほしいものを自由に選んでもらうことが出来ますし、生鮮食品やかさばるものであるという危惧もお互いに避けることが出来ます。