Flower of Wedding Party

結婚披露宴のお礼状を出す際のポイント

結婚披露宴のお礼状を出す際のポイント

結婚式の一連のプロセスは、結婚式の出席者の検討、出席のお願いから始まり、招待状の送付、参加者の席次の検討・新郎新婦間での刷り合わせ、ウェディングドレスの試着、式場の最中に流す音楽の検討、結婚式のプランナーの方や司会の方との打ち合わせ、主賓挨拶や乾杯挨拶、余興の方々との当日の打ち合わせ、価格面での検討・値下げ交渉、親族の衣装や当日の個室調整などの非常に様々な対応をやっと終わらせることができ、結婚式を迎えることとなるかと思います。
また結婚披露宴当日は、非常に楽しく、また事前の準備もあり、何とか滞りなく、結婚式を終えることができたとしても、まだまだ実はやらなければならないこともあると言えるのではないかと思います。
その1つか結婚披露宴に参加してくださった方々へのお礼状の送付です。
もちろん、結婚式には非常にたくさんの方々が参加されることになると思いますし、そうした方々全員に対してお礼状を送ることは、時間的な問題もあり、また仮に全員に送るとなるとかなり画一的なものとなってしまうことも想定され、やはり難しいのではないかと思います。
とはいえ、やはり主賓や乾杯の挨拶をしてくださった方にはきちんと手紙を送る必要があるかと思います。


そこで、お礼の手紙について、どんなことを考えなければならないかを検討してみたいと思います。
まずは、「実施時期」ですが、やはりこれは、できるだけ式が終わってから、参加した方の記憶も鮮明な時期に届いた方が、本当に感謝されていることも伝わると思います。
次に、手紙、メール、電話、口頭など、「何で伝えるのか」という点ですが、これもやはり、非常に感謝しているということを伝える意味でも、またお礼に手間をきちんとかけているということを伝える意味でも、手紙で送ることが望ましいと思います。
最後に、「誰が誰に対して送るのか」という点ですが、1つのやり方として、「新郎から新婦の主賓の方などにお礼の手紙を送る」「新婦から新郎の主賓の方などにお礼の手紙を送る」という形で、お互いにクロスして、手紙を送ることも1つのアイディアになるかと思います。
こうすることで、相手も普段とは違う方からお礼がもらえるということで、これもまた感謝されていることを伝える良い方法かと思います。
こうしたお礼の出し方は、結婚式が終わってから考えるとなると、時間も掛かってしまい大変だと思いますので、事前に二人の間できちんと話し合い、準備を進めておくことが良いのではないかと思います。